社会福祉法人 神奈川黎明会 くりのみ学園

くりのみ日記(ブログ)

3月2日(土)第34回くりのみ学園しいたけ祭を開催しました!


晴天の中、地元吉原地区の皆様、民生児童委員協議会の皆様、更生保護女性部の皆様、奥牧野ボランティアの皆様、藤野台団地課題検討会の皆様、津久井養護学校の先生方、ふじのたんぽぽの皆様、すずかけの家の皆様、さつき学園・さつき工房の皆様、帝京科学大学こども学科の学生さん、その他一般参加の皆様、ご家族の皆様、等100名を超える方にご協力をいただきました。地元吉原女性部の皆様が、今年もおいしいカボチャ饅頭をつくってくれました。浄化槽工事の関係でスペースが限られていたため、午後のアトラクションができなかったことが残念でした。それでも、ケガなど無く、楽しいしいたけ祭になりました。ありがとうございました。
  • 穴あけ作業

    image

    原木(直径10~20㎝、長さ90㎝ほどのナラの木)に、高速ドリルで種駒を植え付ける穴を30~50ヵ所位あけます。

  • 植菌作業

    image

    穴をあけた原木をウマと呼ばれる台に載せて、しいたけ菌の入った種駒、又はしいたけ菌をおがくずで固めてフタを付けた成形駒を、打ち込んだり、押し込んだりして菌を植え付けます。

  • 運搬作業

    image

    植菌が済んだ原木は、抜けがないか確認したあと、軽トラックに積込み、学園横の林へ運び、皆さんで協力して斜面に枕木を敷いた上に並べて仮伏せします。

「くりのみ学園 アールブリュット展 ― 界を開く人たち ―」 開催案内!!


来る4月18日(木)~4月30日(火)10:00~17:00 神奈川県立相模湖交流センター(相模原市緑区与瀬259-1 、TEL.042-682-6121)のアートギャラリーにおいて、陶芸作品をはじめとする表題の作品展を開催することになりました!! 展示のほか、トークイベントやグッズの販売も予定しています。入場無料です。みなさまぜひ足を運んで下さい!

右の写真は、神奈川県立相模湖交流センターさんのイベント情報のチラシです。以下は、その紹介文です。

「アールブリュットとは、フランスの画家ジャン・デュビュッフェが考えた言葉で【生の芸術】という意味です。一般的には、専門的な美術教育を受けていない人達が作った作品をそう呼びます。この展示では藤野・牧野のくりのみ学園のみなさんの作品を展示します。ハンディキャップを持つ方達が普段何気なく形作る曲線、立体、オブジェなど個性溢れる作品をぜひご覧ください。」

もちつき

2019.01.04
  • image

    男性最年長77才(喜寿)のNさんが力強くつきます!

  • image

    見よ!みごとな杵さばき!

  • image

    女性だって頑張ります!

新年明けましておめでとうございます!

2019.01.01
image image

「平成」の時代、最後の新年を迎えました。今年もよろしくお願い申し上げます。
「亥(猪)」のように、明日に向かって突っ走ります!

←左 陶芸班謹製干支「亥」の置物
←右 昨年10月19日コンサートに来ていただいた童謡歌手の雨宮知子さんからステキな年賀状をいただきました!

くりのみクリスマス会

2018.12.21
茶花歩歌(チャカポカ)オンステージビュッフェスタイルの昼食のあとは、利用者の皆さんのアトラクションやお客様の出し物で楽しみます。今年のゲストミュージシャンは篠原地区のお母さんたちを中心とするバンド「茶花歩歌(チャカポカ)」メンバーのうち、今回は6名の皆様が登場、ギター・ウクレレ・カホン・タンバリン・スズでの伴奏に合わせたクリスマスソングや「翼を下さい」、アンコールでは懐かしい風味堂「ナキムシのうた」等々、ほんわか、やさしい歌声、演奏に皆さん大喜びでした。

←茶花歩歌さんオンステージ!
Copyright © 2014 Kurinomi-School All Right Reserved.